×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年 後 の 再雇用?でも、老後資金の不安は解消出来ますか?

定年後の再雇用?

定年 後 の 再雇用?確かに年金の不足分はそれでもいいかもしれませんが、
再雇用期間が終わったらどうするのですか?年金以外の収入はありますか?

  
定年後の再雇用?
法律により、定年が来ても、労働者の意思で、
再雇用されやすくなり、しばらくは同じ会社で働くことが出来ます。
でも、再雇用の場合、年金とのからみで、
賃金は、半分ぐらいになってしまい、
年金と足して、元の賃金と同じぐらいになるのです。
再雇用者の意見を聞いていると、
同じ労働をしているのいるのに、
賃金が半分なのは、凄く損をしている気分になるそうです。
もちろん、年金と合計して、
以前の給料と同じぐらいはもらえるのですが、
定年後の再雇用では、この条件を飲まないといけません。
でも、その条件で、老後の資金の貯蓄は確保できますか?
多くの人は、定年まで住宅ローンに追われ、
老後の十分な貯金が無いようなのです。
そのため、今まで住み慣れた生活をすて、
住んでいる家を売り、田舎に引っ越す人もいるのです。
それで、定年後の不安はなくなるのでしょうか?
定年後の再雇用に頼るのではなく、
その期間を生かして、老後の収入を得ることを考えてみては?

定年後の再雇用までに、老後の生活資金を考える

定年後の再雇用までに、ほとんどの人が、
老後の生活資金について真剣に考えていないのです。
定年後の再雇用期間中に、
老後の生活資金をどうするか決めればいいやと、
以外にのんびり構え、再雇用期間が終わる寸前に、
シルバーセンターに仕事を探しに行ったり、
バタバタしている人があまりにも多いのです。
老後の不安を解消するためには、
まずは、老後に生活資金、つまり、月々の出費を
正確に把握する必要があります。
そこには、もちろん、老後の医療資金も入ります。
貯蓄を切り崩すのもいいですが、
最近は、医療が進み長生きをするという
リスクが生まれているのです。
定年後の不安の多くは、最終的には死ぬまで、
生活できるか、食っていけるかということになります。
きちっと計算すれば、今後、定年を迎える人の多くは、
年金だけでは生活できません。
定年後に再雇用してもらうのもいいですが、
死ぬまでの生活を考え、不安をなくすよう、
元気なうちに行動することが重要なのです。

定年後の再雇用以外の収入を考える

定年後の再雇用にすがるのもいいですが、
上にも書いたように、再雇用以外の収入も考えたほうが、
長い老後の収入としては重要なのです。
老後の収入と言えば、まずは年金になります。
でも、TVでも騒いでいるように、
老後、生活資金として十分な金額はもらえません。
そうなると、足りない分は、貯金の切り崩しとなります。
でも、貯金の切り崩しでいつまでも生活できるはずはないので、
年金と、今ある貯金で生活するため、
後進国であるアジアに移住する人も増えるのです。
アジアの田舎に行くと、今の年金で生活できます。
インドなどでも、月10万円もあれば十分なのです。
でも、そんな生活にすべての人が会うわけありません。
日本国内で、老後の生活に不安無く過ごすためには、
年金以外に収入が必要となるのです。
それなのに、定年を迎える多くの人は、
収入を生むことについて考えなさ過ぎるのです。
インターネットの普及により、
今では、自宅で稼げるチャンスも増えているのです。
定年後の再雇用もいいのですが、
雇われない生活も検討する必要があるのです。
定年後の再雇用?
老後の蓄えの不安を解消しよう自宅の仕事で稼ごう自宅でアルバイト主婦が資格で稼ぐために全労済 こくみん共済こくみん共済占いを学ぶ
Copyright (C) 2008 All Rights Reserved.